生配信

顧客と価値を共創する物流シェアリング・DXとは~JPRが進める標準化・共同化+デジタル化の取り組みとこれから

このセミナーに申し込む

日時

2021/06/29

●こんな方におすすめ

・自社物流に課題意識をお持ちの経営層の方
・メーカー物流部門の責任者の方
・物流最適化/物流改革/物流DXの実行を検討している方

●日時

2021/6/29(火) 14:00-15:30

●セミナー概要

今や物流の協働化・シェアリングはマスト課題になっていますね!
各社単独ではどんな大企業でも、業界やサプライチェーン全体の物流課題を解決することはできないからです。
この現代的テーマに、50年も前から取り組み続けている企業があります。
そう、日本パレットレンタル、JPRです。
同社は1971年の設立以来、「標準パレットの共同利用」「一貫パレチゼーション」を目的に事業展開。様々な業界で同一規格のJPRパレットを共同で利用し回収することで、個別パレットでは不可能な物流シームレス化を支援。
人手荷役を無用にする作業効率化と合わせ、物流危機の回避・持続可能性の担保を下支えしてきました。
DXにも果敢にチャレンジ中で、今では「モノの流れを最適化するサービスカンパニー」として、顧客と価値を共創する「物流標準化のプラットフォーマー」へと進化。
時代が求める「物流連携・協働・シェアリング」の社会的な基盤へと成長しています。
そこで、今回のSP対談シリーズは「物流シェアリングとDX」の観点から、同社のサービスと技術に焦点を当てます。
30年余にわたり同社の取材を続けてきた聞き手の菊田氏より、根ほり葉ほり、「ここでしか聞けない話」を聞き出していただきます!
ぜひご参加ください。

●コンテンツ

①JPRの事業のコンセプトと今日までのあゆみ
・キーワードは、“標準化“”共同化(シェアリング)”
・常にサービスは「お客様とともに創り出す」
②DXの取り組み
・物流を取り巻く環境とJPRの課題認識
・より便利なサービスへ“レンタルパレットDX”の取り組み
・デジタルロジスティクス推進協議会について
③事例紹介
・AIによる共同幹線輸送マッチングシステム
・ハコベルとの連携と今後

●配信詳細

参加方法:Zoom(インストール・ご利用ともに無料です。)
本セミナーは抽選制です。 応募後、開催日までに送られる「確定メール」をもって参加確定となります。申し込み直後の「受付メール」とは異なりますのでご注意ください。(1週間以上前に申し込まれた方は開催1週間前にご連絡を致します。)
※同業他社の方の本イベントのお申込みについては、お断りする場合がございます。御了承下さい。

●定員

500名まで

●参加費用

無料

●申込期限

2021/6/25(金)18:00まで

登壇者

日本パレットレンタル株式会社
取締役執行役員 事業企画部/情報システム部/業務刷新PJ 管掌
野町 雅俊 氏

2001年 サンマイクロシステムズKK 入社。 UHF帯RFIDの現GS1規格を策定するAuto-ID Centerプロジェクトに参画。 2006年 マイティキューブ株式会社。 RFID Solution Providerの営業・PJ担当とし代理店(SIerやRFIDベンダパートナ等)やエンドユーザ(法人)へのSolution提供に従事。 2017年 日本パレットレンタル株式会社入社。 RFIDの社内利用やユーザへの活用、新サービスの企画・調査に取り組む。 2021年より現職。デジタルトランスフォーメーションを担当。

エルテックラボ L-Tech Lab
菊田 一郎 氏

1982年、名古屋大学経済学部卒業。83年流通研究社入社、90年より月刊「マテリアルフロー」編集長、2017年より代表取締役社長。 2012年より「アジア・シームレス物流フォーラム」企画・実行統括。 著書に「先進事例に学ぶ ロジスティクスが会社を変える」(白桃書房、共著)、「物流センターシステム事例集Ⅰ~Ⅵ」(流通研究社)、ビジネス・キャリア検定試験標準テキスト「ロジスティクス・オペレーション3級」(中央職業能力開発協会、11年・17年改訂版、共著)など。 2016年より大田花き㈱ 社外取締役(現任)。 2020年6月1日に独立、L-Tech Lab(エルテックラボ、物流テック研究室)代表として著述、取材、講演、アドバイザリー業務を軸に活動開始。 同6月より㈱日本海事新聞社顧問、同後期より流通経済大学非常勤講師

ラクスル株式会社
ハコベル事業本部 ソリューション事業部
齋藤 祐介

経営コンサルティングファームA.T.カーニーに新卒入社。2014年より日本・タイにて農食企業を中心とした経営支援に従事後。 2019年4月ラクスル株式会社に参画。ハコベルプラットフォームのデジタル化を推進後、荷主DXを支援するソリューション事業部パートナーに。

このセミナーに申し込む
開催予定のセミナーを見る