生配信

ビームスがDXの先の未来を叶える“サステナブル・パーク構想”って何だ?

このセミナーに申し込む

日時

2022/07/20(水)14:00-15:30

●こんな方におすすめ

・メーカー物流部門の責任者、または実務担当者
・3PL、運送会社の経営層、経営企画部の方々
・自社物流の変革、DXをお考えの経営層
・物流に関わるシステムの導入、リプレイスを検討している方

●セミナー概要

ご存じビームスは、1976年に創業した日本のセレクトショップの草分けで、「セレクトショップ御三家」のひとつ。カジュアルおしゃれな紳士・婦人服、靴、バッグ、雑貨等の販売を軸に内外約160店舗(国内150店、海外11店)を展開し、今や生活文化企業としての存在感を放っています。
同社は国内アパレル業界では最も早い時期から「RFIDのアイテムタギング」チャレンジを開始、先進マテハンによる自動化を進めた物流現場でも、また店舗でも、驚くほどの導入効果を上げています。
DX達成企業と言えるビームスは、その先を見据え、「未来にどうありたいのか?」という真剣な自問自答を重ねました。ビームスならではの提供価値とは?……スタッフが生み出す「情緒的価値」、サービスによる「機能的価値」、選ばれる「商品価値」、顧客の「体験価値」。そして、本企画が注目する「サプライチェーン」、「サステナビリティ」……。
それらを合わせ、ビームスが新たに打ち出すのが、未来を叶える「サステナブル・パーク構想」なんです! マルチファンクショナル物流拠点、リサイクルや再エネ活用などサステナブル化、内外物流機能の再定義、デジタル化……おおっ!と思わずのけぞるトンガリ具合を、今回はスペシャルゲストの竹川ロジ本部長に存分に語ってもらい、そこにホストの菊田様からのツッコミとボケでグッと深掘りしてもらいます。
ぜったいに聞き逃せないコンテンツを、皆さんと一緒に楽しく・詳しく学びたいと思います。ぜひご参加ください!

●コンテンツ

①ビームスってどんな会社?
②RFIDを最大活用したビームスの物流戦略
③ビームスが考えるこれからの物流戦略~未来にどうありたいのか?
④未来を叶える物流戦略~「サステナブル・パーク」構想とは

●配信詳細

参加方法:Zoom(インストール・ご利用ともに無料です。)
※本セミナーは抽選制です。 応募後、開催日までに送られる「確定メール」をもって参加確定となります。申し込み直後の「受付メール」とは異なりますのでご注意ください。
※同業他社の方の本イベントのお申込みについては、お断りする場合がございます。御了承下さい。

●定員

500名まで

●参加費用

無料

●申込期限

2022/7/15(金)18:00まで

●セミナーに関するお問い合わせ

ハコベルセミナー運営事務局:seminar-hacobell-uc@raksul.com
※メールのみの対応となります

登壇者

株式会社ビームスホールディングス
ロジスティクス本部 本部長 兼 株式会社ビームス オペレーション本部 本部長
竹川 誠 氏

1997年、株式会社ビームスへ入社。 2002年、自社物流センターのWMS構築と、 2004年、物流改革プロジェクトに参画し、 2010年、基幹システム刷新プロジェクトのプロジェクトリーダーを経て、 2012年より、RFIDプロジェクトマネジャーとして、RFIDオペレーションの全店舗展開を完結させました。 2016年には、自社オンラインEC物流の内製化を推進し、在庫一元管理を実現しました。 2020年、コロナなどのリスク分散を目的に、BCP関西物流センターを開設。 現職にて次世代物流センターを構想中です。

エルテックラボ L-Tech Lab
菊田 一郎 氏

1982年、名古屋大学経済学部卒業。83年流通研究社入社、90年より月刊「マテリアルフロー」編集長、2017年より代表取締役社長。 2012年より「アジア・シームレス物流フォーラム」企画・実行統括。 著書に「先進事例に学ぶ ロジスティクスが会社を変える」(白桃書房、共著)、「物流センターシステム事例集Ⅰ~Ⅵ」(流通研究社)、ビジネス・キャリア検定試験標準テキスト「ロジスティクス・オペレーション3級」(中央職業能力開発協会、11年・17年改訂版、共著)など。 2016年より大田花き㈱ 社外取締役(現任)。 2020年6月1日に独立、L-Tech Lab(エルテックラボ、物流テック研究室)代表として著述、取材、講演、アドバイザリー業務を軸に活動開始。 同6月より㈱日本海事新聞社顧問、同後期より流通経済大学非常勤講師

ラクスル株式会社
ハコベル事業本部 ソリューション事業部
渡辺 健太

新卒で企業向け人材育成サービスを提供する企業に入社。 法人営業に従事した後、新規事業立ち上げの責任者、産学官連携プロジェクトのプロジェクトマネージャなどを経験。 その後、中国市場向けマーケティングを支援する企業に移り、引き続き新規事業立ち上げを行いつつ、中国上海にて現地子会社COOとしてPMI業務にも従事。 2021年にハコベルに参画。 主にマーケティング・セールスを担当する。

このセミナーに申し込む
開催予定のセミナーを見る